読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Houdiniを学生が勉強してみた

大学入るまでAdobeを知らず、VFXという単語しか知らなかった学生がHoudiniを勉強するブログ

Houdiniを学べ!(初心者編)

 

Houdiniを学べ!(初心者編)

 

 

このページはこんな人向けです

 

・CG知識のない学生

・Houdiniの学習向け無料版である「Apprentice」をダウンロードしてHoudiniをやった気になり満足しちゃった人

・公式チュートリアルへのリンク分かったけど英語だし、チュートリアルありすぎてどれから手を付けていいか分からずに困惑してやる気が消えた人

 

そんな人のためにStepを2つ作りました

 

Step1

 

 

Houdini | Workspace - YouTube

 

 

まずはこの動画リストを眺めるのです…別段作業動画みたいに流してもらって構いません

 

Step2

 

自分のやりたいFXやエフェクトを調べてチュートリアルを探す

 

 

 

以上!

…ツッコミどころ満載ですがわりと本気です

 

最初にYoutubeのHoudiniQuickstart Lessonsを流す理由ですが3つあります

・Vimeoの公式の方がチュートリアルが豊富…なのですが、Houdiniのバージョンの壁問題(後述)や字幕が全部付いてなかったり…ともろもろテンションを下げるやつらが出てきます
Houdiniを興味持ったから始めてみる、という人にとっては選択肢が少ない方が迷わないし変なことで頭を悩ませる必要はありません

 

・Houdiniチュートリアルの中で現行バージョンで必ず動くものだから(2015年度9月現在)

Houdiniはどこぞの〇ayaさんが2014→2015にモデリングツールが一新して混乱したように処理部分が一気に変わったりします!
チュートリアルなのにチュートリアル通りにやったら結果が違うなんて多々あります
知識があればもちろん対応可能ですが、初心者はそんな大変な思いはしなくて良いのです…楽をしましょう

 

・個人ブログは罠

誤解を言わないようにすると予備知識無しで先駆者様たちのブログを見ても「うわー俺分かったわー」という謎の高揚感が出るだけです、分からないところは分からないのです認めましょう

先駆者様たちの個人ブログはいきなり無から知識を得るためのものではありません、自分の知識や理解をより深めるものなのです

なのであくまでヘルプとしての立ち位置だと思いましょう、無から生み出せるのは錬金術だけです(逆に言えば知識量が0から1になった瞬間から爆発的に重要性が増していきます、拝んで参考にさせてもらいましょう)

 

終わりに

 

この動画リストを見れば「Houdiniがどういった機能を持っているソフトか」ということが"1割"ぐらい分かります
1割でも分かったなら「Houdiniがどんなソフトなのか」というつかみは見えたと思います
大丈夫です、おそらくこれを見てる学生は1割も分かってないのにとりあえず「エフェクトに強い」「流行ってる」そんな言葉に踊らされてなんとなく始めた人ばかりだと思います
しかし、踊り切れば勝ちです
1割を分かるまで続けられたら残りの9割なんて楽勝です 

逆に言えば1割分かればこのソフト自分合ってないな、目的と違ったな、なんてことも分かると思います
CGソフトは他にもあるのです、柔軟にソフトを使いこなしましょう

 

 

次回のお品書きはこちら

Houdiniを学べ!(中級編)

 

・他のCGソフトから移ってきたからCG自体は分かる、だから自分の使いたい機能のチュートリアルだけ教えて欲しい…

・公式チュートリアルはやったんだけど、このままだとただのソフト機能紹介みたいな量産型エフェクト野郎になっちまうぜ…

って人向けに書きます

あとはHoudiniヘルプの有効活用のやり方やら日本での最強のヘルプ本を紹介したい

 

最終的には目的別Houdiniチュートリアル早見表(リンク集)を作る予定です
半分自分のチュートリアル関係ドキュメントの管理がめんどうくさいのでブログにでもしてまとめようかなという計画